ファイブグループ料理長研修合宿in北海道 その3 | 【公式】株式会社ファイブグループ | 5ive Group

2017.5.28

イベント

ファイブグループ料理長研修合宿in北海道 その3

さて、えふしさんから移動をし、北の横丁20店舗、十勝乃長屋20店舗から行きたい店を班ごとに別れて調査です!!!

横丁の様子はこんな感じ!

休んでる店舗もちょいちょいあるけど、結構活気があるというか、人が集まってくるし、店内ぎゅうぎゅうになって皆さんお酒を呑んで、お店の人やお客さん同士で喋っていました!!

商品部の池さん、燻製チームのリーダーのちゅんさん、府中もっくんの料理長かずやさんと、俺ことまっきーはお目当の燻製のお店に意気込んで行くも満席!!

違うお店に一旦行き、戻ってくるも、満席。

また違う店に行き、とりあえず様子を覗いてみるも、満席。

後でまた話をしますが、社長が合流して行った農家バルさんに行った後に寄ってみるも、満席。

ずっと満席!!!もう泣く泣く諦めて写真だけ撮りました。笑

いやー、悔しい。

仕方ないですね。しかし、これだけ人気があるのなら、それを上回るパフォーマンスをしっかりやるぞ!という気持ちづ燻製チームで出店の希望が見えましたよ!!

気を取り直して、農家バルさんに向かいます!!

社長も合流です!

いやー、農家バルもまたすごい!徹底してる!

地元の食材にすごく向き合っているし、無肥料無農薬野菜、有機栽培、越冬野菜、放牧豚、牧草にまでこだわった牛、などなど、地元の農家さんたちのこだわりのものをとことん使っています。

その差材をどれだけ活かせるかを考えているんだろうなと感じました。

俺はこのトマトヌーヴォーにハマり、これで呑むトマトハイばかり呑んでいました!

恐るべし食材の宝庫、北海道!!!

北の大地のパワーをまじまじと見せつけられましたね!!

この農家バルさんで呑みながら話をしていましたが、これからのテーマとして、

良い食材を活かして使う。それも大事。でも手頃な食材を美味しくする気持ちや技術も大事。半分半分。だから、お店のメニューに、闇雲に高い食材を使うのではなく、本当に良い食材を、しっかり活かして、お客さんに還元するメニューも必要だし、地域のお客さんの好みをしっかり見極めて手を加えるメニューも必要。いろんな角度からお客さんが楽しめるメニュー作りをしていかないといけないね。

池さん、ちゅん、かずや、まっきー談。

いやー、真面目な話もしっかり出来ました!

他の班の方々はどんな話をしていたのでしょう。気になりますねー!

そんなこんなで夜も更けていきますが、そんなすんなりは帰りません!笑

満腹の我々は遅くまでやっている飲食店を目指します!!

田舎のおばあちゃん家みたいな店で、おっちゃん1人でやってて40分くらいなにと食べもの出てこないけど、お酒は勝手に呑んでくれスタンスで、ようやく出てきた寿司はすげーボリュームだし、形は崩れてるけど、色んなネタがしっかりあるし、値段が1人2000円っていう今時こんな店あるのか!っていうような寿司屋さんに行き、最後はせっかくなのでラーメン食べに行きました!

おっさん3人がはしゃいで何してんだよ!っていう店員さんの目がツライです。

そんなこんなで、北海道の星を見るぞー!!!って意気込んでいたのに、全く見ることなくホテルに戻りました!!!

北海道研修合宿1日目おしまい!!

つづくっ!!!