株式会社ファイブグループ|飲食事業の経営・企画・運営・店舗プロデュース事業

5ive Group

RECRUIT 20192019年新卒採用サイト


評価制度キャリアアップ

向上心と成果を評価する仕組み

21世紀を代表する飲食カンパニーになるべく従業員の”働きがい”と”個の成長”に対しても強く向き合っていきます。安定・安心して働くことのできる環境整備はもちろん、挑戦・向上の面でも成果をしっかりと評価する制度も整っています。昇格・昇給・賞与査定につながる評価基準を一人ひとりに対してKPI項目の下、明確化しています。

なりたい自分を目指せるキャリアアップ

入社後、いつまでにどうなりたいのか。どんな仕事をしたいのか。ファイブグループでは働く人それぞれの想いに全力で応えるため、キャリアプランをみんなで応援します。性別や職歴問わず一人ひとりのライフワークに合わせた働き方も含めて、多様な職位を準備しています。

人事評価査定:年1回 / 定期人事異動:春・秋の年2回 / 異動昇格申請受付:随時

「挑戦したい」が実現し、
ひとつのブランドが立ち上がった。

店長:利根川「『人』が要因で集まる場所を作りたかった。」学生時代にそう夢描いていた利根川は、当時のいざこいに出逢い、当時新卒採用を行ってなかったにも関わらず直接門戸を叩き、ファイブグループへ入社した。
入社後、1目年で店長代行、2年目で店長になり(当時最速のキャリアアップ)、店長になった後も、自らの理想の店舗を掲げ、全国トップの業績を上げ続けたと同時に、不振店舗の改善にも大きく貢献した。
名実共に社内の誰もが認める店長になった利根川は、新しいブランドの立ち上げを社長に直訴提案。自分が夢描いていた「『人』が要因で集まる場所」と企業理念の「関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること。」が、決して薄まることのない「大衆酒場」業態を提案し、見事承認され、最年少でのブランドディレクターに就任した。
5iveGroupのコアバリューの1つでもある「自由」と「責任」と「覚悟」。利根川は、ディレクターになった今現在も、常に強い「覚悟」を持って、誰よりも「責任」を全うし続け、そこに「自由」を加えて、理想のブランドを追い求めている。

キャリア形成の源泉「働きがい」に対する取り組み

ファイブグループの働きがいの源泉は、当社の経営理念「関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること」に基づき、スタッフ全員で環境づくりに取り組む“理念経営”にあります。
また、Great Place to Work(R) Institute Japan(以下 GPTWジャパン)社が実施する「働きがいのある会社」ランキングを経営指標として掲げ、客観的な評価に基づいた改善活動を行っています。

主にGPTWにおいても高い評価を得ている取り組みは以下の4点です。

(1) 仕事への意味付けの工夫~理想を言葉にする昇格制度・支援環境~

当社で働くスタッフは各自の「理想」を言語化することを昇格条件にしております。また、当社が考える「働くこと」に対する独自の考え方は、経営理念に基づいており、創業者が語る新人研修にて入社時に全員が学びます。入社後も、「働く理由」を、理想の店舗に仕上げていくために、フォロー研修、理想の自分に対しての現状を把握し改善していくためのミーティング体系、360度評価を用いた成長支援ミーティングなどスタッフ一人ひとりが仕事へ意味を持って取り組み、周囲が支援できる環境整備を行ってお
ります。

(2) 感謝の機会の豊富さ~スタッフだけでなく家族や両親に対しても感謝の気持ちを表す~

当社では「働きがいをもって仕事に取り組むこと」ができるのは、スタッフ一人ひとりの努力はもちろんのこと、家族の支えがあってのことだと考えております。その考えに基づき、社員、アルバイトが相互に感謝カードを交換し合うような社内メンバーへの感謝の機会に加え、誕生日や結婚記念日といった大切な日を大切な人と共に過ごすアニバーサリー休暇制度などの制度面の充実、社員のご両親もしくは配偶者に宛てた感謝の気持ちを込めたプレゼントなど、感謝の気持ちを伝える機会を充実させる取り組みを行っています。

(3) 連帯感醸成の取り組み~多様なイベントと豊富な情報共有ツール~

当社には非常に多くの会社イベントが存在し、ほぼ毎月何かが実施されています。特に年に一度、ほぼすべての店舗を休業し社員・アルバイトが集う「ファイブフェス」は業界紙にも取り上げていただいたこともある大きな社内イベントです。また、スポーツや趣味などに仲間を集めてやりたいことが業務時間の範囲で実施できる「部活制度」、全社の情報を30ページ程度にまとめた月刊の社内報、Web上のコミュニケーションツール、社内向け情報ポータルサイトなど、直接的な交流機会に加えて、様々な情報が共有できる仕組み構築を行っております。

(4) 働きがいのある会社づくりにスタッフ全員が関わる取り組み~月1,300件のアイデアがあつまるスタッフアンケート「スタッポ」と、「250個のリクエストに応える」という経営指標~

当社では、毎月インターネットによるスタッフアンケートをアルバイトを含む全スタッフに行っており、働きがいの状態把握と働く環境を良くするリクエストを随時収集する取り組みを行っております。毎月8割以上の回答率、1,300件を超える声が集まっています。また経営側も、リクエストに応える数を経営目標として250個のリクエストに応えることを社員総会でも公言しており、全社一丸となった会社づくりを進めております。

Great Place to Work(R)について

本ランキングは、従業員と会社へのアンケートの内容を、世界共通の基準で評価し、参加企業内で順位付けしたものであり、米国や日本だけでなく、世界約50カ国で行われております。GPTWジャパンの「働きがい」に関する調査は、世界で最も信頼されているもののひとつとして認められております。GPTWジャパンにおいて「働きがいのある会社」とは、従業員が勤務する会社や経営者・管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感が持てる場所ということです。この調査は外部の人やその会社の制度の充実度だけで判断するのではなく、その職場で働く従業員からの評価を直接調査に反映するという手法が特徴です。

飲食業で働きがいNo1のファイブグループで働きませんか?