GOAL目指すもの

地域と向き合う

ファイブグループが存在する意味。人は「つながって、生きる」ということ。

ファイブグループは「”楽しい”でつながる世界をつくる」という経営理念のもと、その一歩を各店舗の出店地域でつくっていくことを宣言しています。

社会貢献活動への基本姿勢

  • 「楽しい」食の場を通じて、地域を活性化させます
  • 地域住民、商店街、他店の皆様と共創します
  • 人と人をつなげ、輪を広げることで「望まぬ孤独」を解消します

私たちの存在意義である「”楽しい”でつながる」ことを土台とし、ブランドや店舗を通じて生まれる人と人の”つながり”を地域貢献の本質としています。

更に会社としても、店舗を超えた”つながり”の機会をつくりお客さん、スタッフ、地域の関わりの幅を広げることで、働くスタッフに対しても「自分がこの地域で、このお店で、ファイブで働く意味」を深め、働きがいの向上につなげていきます。